【花燃ゆ】第5話「志の果て」その1

密航の罪により
吉田寅次郎(伊勢谷友介)が入れられた野山獄
武士が投獄される長州藩の牢獄で
2畳ほどの独居房(一人部屋)。

野山獄は、そういう独居房が、
それぞれ6房ずつ入った2つの棟が、
小さな中庭を挟んで向かい合っている造りでした。 「【花燃ゆ】第5話「志の果て」その1」の続きを読む…

【花燃ゆ】第4話「生きてつかあさい」その2

第4話「生きてつかあさい」その1 からの続きです。

嘉永7年(1854年)8月25日
小田村家に長男・篤太郎が誕生。

その翌月、寅次郎へ幕府からの沙汰が言い渡された。

寅次郎は死罪を免れ、国元での蟄居となったと
伊之助からの報告を杉家の家族は聞きました。

ペルリ(ペリー)が寅次郎の勇気に免じて、
寛大な処分を幕府に口添えしてくれたためであった。 「【花燃ゆ】第4話「生きてつかあさい」その2」の続きを読む…