【真田丸】第10話「妙手」その1

徳川氏と北条氏が和睦したことに対し、
真田昌幸は、弟・信尹を浜松城に派遣し
家康の家臣・本多正信に約定の念を押す。

家康も正信も、北条氏が
上杉氏から徳川氏に標的を変えた裏で
暗躍していた信尹を警戒していたが
それ以上に、西の羽柴秀吉のことが
気掛かりであった。 「【真田丸】第10話「妙手」その1」の続きを読む…