【花燃ゆ】第8話「熱血先生、誕生」その3

第8話「熱血先生、誕生」その2 からの続きです。

翌朝、うたた寝をしてしまった久坂玄瑞
寅次郎からの返書が届いた知らせで、目が覚めます。

何を今さら・・と思いつつ、
寅次郎からの返書を読み進めるうちに
いっぺんで眠気は吹っ飛び、再び頭に血が上っていきます。 「【花燃ゆ】第8話「熱血先生、誕生」その3」の続きを読む…

【花燃ゆ】第8話「熱血先生、誕生」その1

ペリーの黒船に乗り込んでから
1年8ヶ月後の安政2年(1855年)12月
寅次郎は杉家に戻ります。

杉家では、長男・梅太郎と亀の間に
生まれた赤ちゃんが家族に加わっていました。

場面は変わり、九州遊学中の久坂玄瑞
宮部鼎蔵に本を借りに行っています。

後に日本の尊皇攘夷運動の先頭に立つ久坂玄瑞
一刻も早く夷敵を打ち払う術を学ぶために宮部の元に来ていたのでした。

そこで宮部は、長州には吉田寅次郎がいることを久坂に伝えます。 「【花燃ゆ】第8話「熱血先生、誕生」その1」の続きを読む…