【花燃ゆ】第19話「女たち、手を組む」その3

第19話「女たち、手を組む」その2 からの続きです。

それからある日のこと、杉家で
久坂玄瑞からの手紙で、
無事に京に着いた・・・と
文が敏三郎に話をしていると、
松浦亀太郎が訪ねてきます。

亀太郎は、自分の描いた
吉田松蔭の肖像画や黒船や異人の絵を
見ながら言いました。 「【花燃ゆ】第19話「女たち、手を組む」その3」の続きを読む…

【花燃ゆ】第10話「躍動 ! 松下村塾」その1

蟄居を命じられ自宅のわずか三畳半の幽囚室で
吉田松陰(寅次郎)が始めた松下村塾
昼夜を問わずいつも開かれている型破りな学舎で
武士、百姓、町人の身分の区別なく
学を志す者なら誰でも入門することができました。

後に初代総理大臣となる百姓出身の伊藤利助
噂をききつけ松下村塾に訪れます。

「で?君は何を志しますか?」松陰先生が問うと

立身出世です」と即座に答え伊藤利助は、さらに続けます。

「【花燃ゆ】第10話「躍動 ! 松下村塾」その1」の続きを読む…

【花燃ゆ】第9話「高杉晋作、参上」その2

第9話「高杉晋作、参上」その1 からの続きです。

寅次郎が高杉晋作に問いかけます。

「メリケンがエゲレスから独立を勝ち取った時、
 百姓も商人も、船乗りも、医者も・・
 身分に関わりなく鉄砲を持って戦いました。
 君は、そのことについて、どう考えますか ?」 「【花燃ゆ】第9話「高杉晋作、参上」その2」の続きを読む…