入江九一と野村靖 その2

入江九一と野村靖 その1 からの続きです。

そんな入江九一・野村靖兄弟に、
母・満智は言います。

「お前たちは国法を犯したのだから、
罰せられるのは当然です。

しかし、それは国を思い、
お殿様に忠義を尽くさんがため。 「入江九一と野村靖 その2」の続きを読む…

【花燃ゆ】第17話「松陰、最期の言葉」その1

吉田松陰が牢に収監されると
北町奉行所の石谷穆清(いしがやあつきよ)が
その旨を、大老の井伊直弼に報告します。

井伊は、奉行の石谷に
梅田雲浜は松陰との密謀を認めたのか・・
と確認するも、厳しい拷問にも関わらず、
雲浜は口を割らなかったと聞かされます。 「【花燃ゆ】第17話「松陰、最期の言葉」その1」の続きを読む…

吉田松陰と野山獄 1

密航を企てた罪により、
江戸で投獄後、国元・萩に護送され
吉田松陰は野山獄に、弟子の金子重輔は
足軽の身分であったため岩倉獄に入りました。

野山獄は、武士などの身分の高い者が、
岩倉獄は、町人や百姓などの身分の低い者が
収監される牢獄でした。 「吉田松陰と野山獄 1」の続きを読む…

吉田松陰の最初の弟子 金子重輔 4

吉田松陰の最初の弟子 金子重輔 3 からの続きです。

4月11日早朝、松陰と重輔は
手に手鎖、足にほだを打たれ、
身に捕縄をかけられて、天城を越え、
唐丸籠で、江戸八丁堀の獄舎に到着しました。 「吉田松陰の最初の弟子 金子重輔 4」の続きを読む…

【花燃ゆ】第5話「志の果て」その1

密航の罪により
吉田寅次郎(伊勢谷友介)が入れられた野山獄
武士が投獄される長州藩の牢獄で
2畳ほどの独居房(一人部屋)。

野山獄は、そういう独居房が、
それぞれ6房ずつ入った2つの棟が、
小さな中庭を挟んで向かい合っている造りでした。 「【花燃ゆ】第5話「志の果て」その1」の続きを読む…