吉田松陰と松下村塾

安政2年(1855)12月15日、
1年2ヶ月の野山獄での獄中生活を終え
吉田松陰は、自宅に「禁固」となりました。

病気療養を名目とした帰宅許可でしたので、
釈放とは違いましたので、
杉家の3畳半の一室に
閉居せざるを得ませんでした。

しかし、自宅に戻っていきなり松下村塾を開校したわけではありませんでした。 「吉田松陰と松下村塾」の続きを読む…