【花燃ゆ】第6話「女囚の秘密」その3

第6話「女囚の秘密」その2 からの続きです。

野山獄の獄吏・福川が、杉家を訪ねてきた。

高須家から、明日、久子を訪ねるという連絡があり、
文の立ち会いを希望している旨を伝えに来たのだ。

文は、高須家の前で会った少女のことを思い出し、「はい」と了承しました。 「【花燃ゆ】第6話「女囚の秘密」その3」の続きを読む…

【花燃ゆ】第6話「女囚の秘密」その2

第6話「女囚の秘密」その1 からの続きです。

文と敏三郎は、その後も
何回も高須家を訪ねていましたが
とりつく島もなく、追い返されていました。

ある日、また門前払いされて帰ろうしている時
背後から、声を掛けられました。

「わが家に何か ?」

振り返ると、薙刀か何かの稽古帰りらしい少女が
使用人と一緒に立っています。 「【花燃ゆ】第6話「女囚の秘密」その2」の続きを読む…