【花燃ゆ】第5話「志の果て」その3

第5話「志の果て」その2 の続きです。

金子重輔のための薬を抱えて
岩倉獄にたどり着いた文でしたが、
金子の遺骸を乗せた荷車を引いている
ツルと金子の弟・善兵衛に会いました。

その姿を見ているうちに、
いたたまれなくなった文は言います。

「お願いがあります。
  金子様が持っていたボタオを私に頂けませんか? 
  兄に託したく存じます」 「【花燃ゆ】第5話「志の果て」その3」の続きを読む…

【花燃ゆ】第5話「志の果て」その2

第5話「志の果て」その1 からの続きです。

その頃、江戸にいる伊之助(大沢たかお)は
寅次郎からリクエストされた本を調達するために
待ち合わせをしている桂小五郎(東山紀之)に会います。

桂小五郎は、のちの木戸孝允で
西郷隆盛、大久保利通とともに
維新の三傑」と称されることになります。

桂も、かつて明倫館で兵学を寅次郎から学んだ一人でした。 「【花燃ゆ】第5話「志の果て」その2」の続きを読む…