【花燃ゆ】第50話「いざ、鹿鳴館へ」その2

第50話「いざ、鹿鳴館へ」その1 からの続きです。

上野から熊谷間までの鉄道が開業し、
前橋までの工事が始まり
迎賓館も完成間近となります。

そんなある日、楫取素彦は
「県令を辞めようと思う」
と、美和に打ち明けます。 「【花燃ゆ】第50話「いざ、鹿鳴館へ」その2」の続きを読む…

【花燃ゆ】第50話「いざ、鹿鳴館へ」その1

近代国家の体裁を整えるため
明治政府は、鹿鳴館を造り
毎夜、舞踏会を繰り広げていました。

美和と楫取素彦は鹿鳴館へ到着しますが
招待状を忘れたため、
入口で立ち往生していましたが、
伊藤博文が、気が付いて
駆け寄ってきました。

山県有朋、井上馨もやって来て
再会を喜び合います。 「【花燃ゆ】第50話「いざ、鹿鳴館へ」その1」の続きを読む…

【花燃ゆ】第49話「二人の再婚」その2

第49話「二人の再婚」その1 からの続きです。

萩の杉家で、美和が考え事をしながら
水を汲んでいると、
辰路と秀次郎がやって来ました。

杉民治、滝、亀は、
立派に成長した秀次郎に、
驚き、喜びます。 「【花燃ゆ】第49話「二人の再婚」その2」の続きを読む…

【花燃ゆ】第49話「二人の再婚」その1

阿久沢家に機械が導入された
ささやかな祝杯を
美和とせいは二人であげますが
その時に、せいから美和は
楫取素彦と一緒になればよい・・
と言われます。

楫取の心の中には寿姉がいる・・・
と答える美和でしたが、
「もしもお姉さんも
それを望んでいたとしたら?」
と、せいは言います。 「【花燃ゆ】第49話「二人の再婚」その1」の続きを読む…

【花燃ゆ】第48話「富岡製糸場の危機」その1

「私が死んだ後は美和を妻に迎えて下さい」
という手紙を楫取素彦に残し
寿は亡くなります。

明治14(1881)年、
美和は、群馬の楫取家で
母親たちの学びの場ができました・・
と、寿の位牌に報告します。 「【花燃ゆ】第48話「富岡製糸場の危機」その1」の続きを読む…

【花燃ゆ】第47話「姉妹の約束」その2

第47話「姉妹の約束」その1 からの続きです。

アメリカでは、星野長太郎の弟・新井領一郎は、
有力な生糸商人リチャードソンと交渉をしていました。

そして、そんな新井から
見本となる生糸を至急送って欲しいと
群馬に、電報が届きます。

早速、星野が生糸を用意します。 「【花燃ゆ】第47話「姉妹の約束」その2」の続きを読む…