久坂玄瑞と杉文との結婚

久坂玄瑞と文は
安政4年(1857)12月5日に
結婚しました。

久坂18歳、文15歳
松陰が28歳の時でした。

実は、文は久坂に惚れていました。
久坂の前では顔を赤らめたりして
塾生の間でも評判でした。 「久坂玄瑞と杉文との結婚」の続きを読む…

吉田松陰と久坂玄瑞 2

吉田松陰と久坂玄瑞 1 からの続きです。


久坂玄瑞
からの手紙は、
宮部鼎蔵に会ったこと、
宮部鼎蔵が松陰を褒めていたことから始まり
日本を憂うことが延々と書かれているものでした。

さらに
「蒙古襲来のとき、
モンゴルの使者を斬ったように、
米使を斬るべきだ」
という過激な一文もありました。

攘夷実行のために黒船密航まで行なった松陰の歓心を狙う部分もありました。 「吉田松陰と久坂玄瑞 2」の続きを読む…

吉田松陰と久坂玄瑞 1

安政3年(1856)、伊豆に
アメリカ総領事官ハリスがやって来ます。

嘉永7年(安政元年)の「日米和親条約」で
果たせなかった通商を実現するためである。

日本は清国(中国)で起きたアヘン戦争を
研究・分析していたことが交渉に役立ちました。

また、アヘン戦争は多くの若者達に
「このままでは日本は危ない」という「危機感」を植え付けました。

もちろん高杉晋作や久坂玄瑞も、この危機感を持っていました。
玄瑞は「ハリスを斬る」とまで息巻いていました。 「吉田松陰と久坂玄瑞 1」の続きを読む…