【真田丸】最終話まで その2

最終話まで その1 からの続きです。

豊臣秀吉の死後、徳川家康が台頭する。

これにより豊臣政権の派閥争いが激化し
石田三成が失脚に追い込まれる。

慶長5年(1600)そんな中、
会津に帰国した上杉景勝が
家康の上洛要求を拒否したことから
家康が上杉征伐の兵を挙げる。

すると、三成が家康を弾劾し
挙兵して関ヶ原の戦いに至る。 「【真田丸】最終話まで その2」の続きを読む…