【花燃ゆ】第43話「萩の乱に誓う」その2

第43話「萩の乱に誓う」その1 から

そして数日後のこと
群馬に残った楫取素彦の元へ
内務省の高官となっていた品川弥二郎が訪れ、
無事に萩の乱が鎮圧されたことを報告します。

さらに、首謀者の前原一誠は捕まらず、
全力で行方を追っていると話します。 「【花燃ゆ】第43話「萩の乱に誓う」その2」の続きを読む…

【花燃ゆ】第42話「世界に賭ける糸」その2

第42話「世界に賭ける糸」その1 からの続きです。

そして星野長太郎は、楫取素彦の家に
自分の弟・新井領一郎を連れてきました。

この新井の孫娘こそ、
後の中日大使のエドウィン・ライシャワーの妻・ハルでした。

星野・新井兄弟は、アメリカに渡航し
現地に会社を設立することを考えていました。 「【花燃ゆ】第42話「世界に賭ける糸」その2」の続きを読む…

【花燃ゆ】第41話「いざ、群馬へ」その2

第41話「いざ、群馬へ」その1 からの続きです。

そんな折、美和が久米次郎を連れ
二条窪の楫取素彦の元へやって来ました。

寿は布団に横になり、加減が悪いようです。

楫取は、村のために
県に出願する書類を敏三郎と作成していました。

そこへ、村人たちが来ます。 「【花燃ゆ】第41話「いざ、群馬へ」その2」の続きを読む…

【花燃ゆ】第41話「いざ、群馬へ」その1

久坂玄瑞の子・秀次郎と美和は別れ
秀次郎を、秀次郎の母・辰路のもとに帰します。

一方、新政府では徴兵令が発布され、
物議を醸していました。

新政府は、次々と改革を断行し、
改革の歪は、次第に大きくなっていたのです。 「【花燃ゆ】第41話「いざ、群馬へ」その1」の続きを読む…

【花燃ゆ】第40話「二人の母」その2

第40話「二人の母」その1 からの続きです。

そんなある日のこと、
秀次郎がいなくなります。

杉家の家族は
あちこち探しますが、
見つかりません。

そして、吉田小太郎が
塾の二階に隠れていた
秀次郎を見つけました。 「【花燃ゆ】第40話「二人の母」その2」の続きを読む…

【花燃ゆ】第40話「二人の母」その1

母・滝の報せを受け
美和は、急ぎ杉家に戻ってきますと
そこには、久坂玄瑞の
忘れ形見・秀次郎がいました。

そこにいた品川弥二郎の報告によると
京で、楫取素彦に頼まれ品川が
秀次郎の居場所をつきとめ
訪ねて行くと、
「どうぞ連れておくれやす」
と、実母の辰路は、素直に
秀次郎を手放したとのことでした。 「【花燃ゆ】第40話「二人の母」その1」の続きを読む…