「地雷火」と砲術 小野為八

                                         

小野為八は、松下村塾生として
その名は、あまり知られていませんが、
多才な人物であったようです。

例えば、萩城天守の写る有名な写真は、
実は、明治時代初期に
小野為八が撮影したと言われています。

そこで、今回は
そんな小野為八をご紹介させて頂きます。

 


 

小野為八の生い立ち

a163f99b049d49f4240833f4c8250c5de_s小野為八(正朝)は文政12年(1829)に
香川津にて、藩医(眼科医)・山根文季(正直)の
長男として生まれました。

弟は山根孝中で、叔父に山根正次がいました。

寺社組本道医(内科)・小野春庵のもとで
幼少より教育を受け小野家の養子となりました。

けれども、為八は医業は継がず兵学者を志しました。

天保15年(1844)、16歳の時に
吉田松陰に師事して山鹿流兵学を学んだと
『小野正朝履歴』という記録にあります。

ただ、松陰は為八より1歳年下ですので
当時15歳の少年が弟子を取ったとは
考え難いので、これは誤伝と思われます。

 


 

小野為八 長崎で学ぶ

a-taihouその後、為八は長崎に赴いて、
洋式砲術を学んで免許皆伝を得て、
砲術家としての理論や実践を身に付けます。

長崎では、砲術のみならず
電気や写真の知識や技術も学び
長州に戻りました。

安政2年(1855)、為八は
実父の山根文季に随行して、
外国船を警戒する相模の
三浦半島の警備に赴いています。

小田村伊之助もその翌年には、
藩命で三浦半島警備に出かけていますので、
顔を合わせていた可能性があります。

 

 

小野為八と松下村塾

ashouka002安政5年(1858)秋、為八が30歳の時に
松下村塾に通うようになります。

為八の実父・山根文季は、
松陰と交友がありましたので
実父の影響もあったと思われます。

けれども、為八が松下村塾に入門する
直前の8月、実父・山根文季は、
コレラに感染し亡くなりました。

それからしばらくして
松陰は井伊大老の命を受けて
京都に乗り込んでくる
老中・間部詮勝(まなべあきかつ)の
要諫を計画します。

 

 

「地雷火」の実験

その頃、塾生たちが
萩の土原(ひじわら)扇の芝で
地雷火」の実験を行ないます。a-bakudan

この「地雷火」の実験の際、為八が
自宅蟄居中の松陰を背負って
連れ出し見学させた・・
という逸話があります。

自分の足での外出が許されないのならば、
背負っていけばよいというわけですが、
残念ながら、この松陰の外出を
裏付ける史料は存在していません。

しかしこの「地雷火」の実験で
為八は藩から咎められ、
自宅謹慎に処せられます。

 

「地雷火」とは

地雷火」とは、意味合い的には、
現代の地雷になります。

導火線をつけた火薬入りの木箱を
地中に埋めたもので、
「地雷火」には2つのタイプがあります。

  • 人が踏んだ重みで爆発させるタイプ
  • 時限式に起爆させるタイプ

ドラマ【花燃ゆ】で出て来たものは、
為八が電気を用いて起爆させてますので
後者になります。

実は、「地雷火」のような武器は
幕末に初めて登場したわけではありません。

戦国時代の頃から
埋火(うずめび)」という名で
存在していた忍術書に記載があり、
一説に、大坂の陣
真田幸村が用いたとも言われています。

 

 

小野為八 洋式砲術で活躍

自宅謹慎から許されてからは
その多方面の知識をもって
長州藩の洋式砲術の教官となります。

a-houjutsu文久3年(1863)、長州藩が下関海峡で
アメリカ・フランス・オランダの艦隊を
攘夷決行した際には、久坂玄瑞らとともに、
藩船・癸亥丸に乗って艦砲射撃を指揮しました。

同年に、高杉晋作が奇兵隊を結成すると、
砲術を兵士たちに指導する一方、
「地雷火」の作り方も隊士の
吉岡新太郎、西村慶太、進藤判蔵に教えました。

元治元年(1864)禁門の変、
慶応2年(1866)第二次長州征伐(四境戦争)では
砲隊長として芸州口に出撃、
明治2年(1868)戊辰戦争でも砲隊司令となり
砲兵隊を指揮して活躍します。

 

 

小野為八 明治維新後の活躍

a-ono明治維新後は公務についていましたが、
公務から退いてからは
明治8年(1875)に、
山口市に河村写真館を開く一方、
酪農・バターの製造や、
焼き物の東光寺焼き等にも取り組み
多岐にわたり活動しました。

かなりの多才で、等魁という画号もつ
雲谷派の絵師でもありました。

明治10年(1877)には山口県雇となり、
明治2年からは神道黒住教に入信して
布教活動にも従事しました。

そして、明治40年(1907)8月20日
享年79歳で呉市にて死去。
従五位が贈られました。

 


 

コメントを残す