久坂玄瑞の江戸遊学

                                         

人はで数多くの賢人と会い、
学識を広めることができます。

当時は、本を読むことと同じくらい
は大切なことでした。

「久坂玄瑞は、秀才にありがちな
度量の狭いところがある。
これを直せば、
岩をも通すような実力を発揮する」

そう考えた吉田松陰は、久坂に
旅に出て 見聞を広めることを強く勧めました。

 


 

久坂玄瑞への紹介状

124594松陰は、久坂に

  • 恩師・佐久間象山
  • 頼山陽の門下・森田節斎
  • 親友・桂小五郎

など、沢山の紹介状を書きました。

さらに松陰は
実甫よ、征け」と
送別の詩を書きました。

実甫」とは、
久坂が松陰より与えてもらった号です。

久坂は、正月に藩庁から
江戸への遊学許可をもらい
2月末に出発しました。

前年の安政4年(1857)12月5日に
結婚しましたので
新婚ホヤホヤでしたが、妻の文も
久坂を明るく送り出しました。

久坂が江戸に着いたのが
安政5年4月でしたので、
まさに井伊直弼が大老になった
タイミングでした。

 


 

梅田雲浜

道中の京都で久坂は中谷正亮と会い
5日間程ほど行動を共にします。

京都で二人は梅田雲浜に会いました。

Unpin_Umeda梅田雲浜は、若狭国・小浜藩士で、儒学者です。

通称は源次郎、名は義質、
雲浜と言うのは、号です。

朱子学の大家であり、
幕府を批判して追放され
浪人の身となっていました。

尊王攘夷を唱え、
将軍継嗣問題では「一橋派」に属していました。

久坂は、雲浜の横柄な物言いが
あまり好きではありませんでした。

雲浜が、松下村塾を訪れた時も
塾生達をバカにして相手にしませんでしたので
「松陰先生とは、えらい違いだな・・」
と、塾生たちは呆れていたと言います。

梅田雲浜は、
井伊直弼の安政の大獄で逮捕され、
拷問されても何ひとつ口を割らず、
そのまま獄中死します。

 

 

「京都の女」との出逢い

久坂が、雲浜の家を訪れた時、
家事を手伝いに来ていた一人の女性が
久坂と目が合います。

a-onna彼女は井筒タツという京都の町医者の娘で
京都島原では辰路という名で
芸者をしていました。

年の頃は、文と同じくらいで
黒目がちな美少女でした。

この井筒タツがのちに
久坂の「京都の女」になった
と、言われています。

京都に尊王攘夷運動でいた久坂は、
井筒タツと親しくなり、恋仲になります。

そして、この事は
萩の故郷の文は知りませんでした。

 


 

コメントを残す