東北遊学の脱藩 約束と「人間の本義」

                                         

第2話 「波乱の恋文」で寅次郎は脱藩します。

第2話が、ラブコミのような部分が強調されていて
肝心な寅次郎の東北遊学の時に
脱藩した理由や背景が
何だかボヤケてしまっていたため、
このままではフーテンの寅次郎
になっちゃいそうなので
もう少し、噛み砕いた説明をさせていただきます。

 


 

東北遊学までの流れ

寅次郎は伊之助との江戸遊学中に
当時高名な思想家であり兵学者である
佐久間象山に入門を許されます。

そして、寅次郎は、
一刻を争う北の防備を確かめるため
「次は東北沿岸巡ってロシア船の様子を確かめる」
と、長州藩からの過書手形(通行手形)を待っていました。

この東北遊学を、共に計画した友人の
宮部鼎蔵と南部の江幡五郎との
出発日の約束を守るため、
長州藩からの過書手形の発行を待たずして
脱藩してまでも出発してしまったのです。

この東北遊学の内容は、以下の通りでした。
  • 水戸    会沢正志斎や豊田天功らと面会
  • 会津    これは「八重の桜」でも少し出てきましたが、8日間程の滞在で、
    志賀与三兵衛、高津平蔵、井深茂松などの会津藩士と交流
    学制、兵制日新館などの諸施設、東北の鉱山の様子等を見学
  • 秋田  ⇒  相馬大作事件の真相を住民に尋ねる
  • 津軽    津軽海峡を通行する外国船を見学しようとする。

そして、江戸に帰着後、罪に問われた寅次郎は
いさぎよく士籍剥奪・家禄没収の処分を受けました。

 


 

友人との約束を藩命より優先した寅次郎

時系列的に整理してみます。

嘉永4年 (1851)  7月22日 東北遊学を藩から許可
 7月29日 佐久間象山に入門
12月14日 過書手形の藩からの下付を待たずに脱藩
東北遊学に出立
嘉永5年 (1852)  4月10日 江戸の桜田藩邸に待罪書を提出、藩より帰国の命
 5月12日 萩に到着、杉家にて謹慎
12月 8日 脱藩の罪により士籍家禄没収

 

脱藩が流行した幕末期とは違い、
この頃は、まだ幕藩体制の秩序が保たれている時期ですので
せっかく藩から東北遊学の許可をもらっていて、
あと手形だけの問題なのに
なぜ手形を待てずに、
友人との出発日の約束を守るために脱藩までしたのか?
本当に不思議に思えてしまいます。

けれども、それは、寅次郎にしてみたら
人間の本義』のためだったのです。

人間の本義』とは、約束の厳守

約束を破ることは、それこそ長州武士の名折れ、
長州藩に対する罪となるという寅次郎のポリシーからでした。

ドラマ「花燃ゆ」では、手形が出るまでに時間がかかり
業を煮やして脱藩した・・・みたいな言い廻しでしたが
そんな短気な話ではなく、
もっと寅次郎の信念生き様に基づいた行動だったのです。

 


 

コメントを残す