版籍奉還と新しい時代

                                         

第37話「夫の忘れがたみ」その1 からの続きです。

横になってる藩主・毛利敬親の様子を、
都美姫、園山が心配そうに見ています。

毛利元徳と銀姫が駆けつけた時には
敬親は薬で休んでおり会えませんでしたが
当面の長州藩の執政について
元徳と銀姫は話しました。

それから、部屋に戻った銀姫は潮と話し、
都美姫が大殿が隠居した暁には
美和に奥御殿を取り仕切ってもらうと言います。

しかし、美和は、時代が変わり
江戸城では、天璋院が大奥を閉じられ、
奥御殿も、この先、どうなるか気掛かりでした。

 


 

楫取素彦の帰省

その頃、京にいる楫取素彦の元に
「山口へ戻り、私と長州を支えてくれぬか」
との藩主・敬親からの手紙が届きます。

今は、新しい政府のため
中央を固める時と、
楫取の帰省を木戸孝允は反対します。

けれども、楫取は
その中央を支える諸藩も大事であり、
諸藩が新たな時代を受け入れる役目を
自身が受けると言います。

新政府を離れ、長州へ戻る話は
都美姫にも伝わり、安堵します。

日出からそのことを聞いた美和も
嬉しそうです。

 


 

版籍奉還

そして、楫取が新政府の職を辞して
山口の城に帰って来ました。

山口城に戻った楫取は藩主・敬親に
「領地、領民を天子様に
お返し頂きたいのでございます」
と「版籍奉還」を進言します。

その後、木戸孝允が正式に
版籍奉還」を進言しにやって来ました。

薩摩、長州、土佐、肥前の4藩が
他藩に先駆けて「版籍奉還」実行し
範を示すと言うものでした。

元徳は反対しますが、
敬親は「そうせい」と了解します。

さらに、自分は責任を取って隠居するので、
「知藩事」を元徳に譲ると言います。

このことによる動揺は
奥御殿から城の家臣にまで拡がりました。

その暴走しようとする藩士たちを
高杉忠太が抑えてくれました。

 

 

新しい時代

そんな折、楫取は、高杉晋作の月命日に
焼香に、高杉家を訪れました。

そこで、楫取は、小忠太から、
楫取の身の心配や、
新たな時代について行けぬ者のことを
心配していることを聞かされます。

また、高杉の妻・雅からは
高杉が美和に、久坂や高杉や
すべての塾生の子を面倒を見て育てろと
大変な頼みごとをしたことを聞かされます。

それを聞かされた楫取は
山口城で美和を呼び出して言います。

「新しい日本人を育ててみろ。
お前ならできる」

その話が終わると、大変だと
楫取の元に日出が来て、
「若い藩士が此度のこと納得ができぬと若殿に訴える」
美和の元に鞠が来て
「銀姫が此度のことで都美姫に詰め寄られている」
とのことでした。

美和は、明治という新しい時代のため
奥御殿の変革を開始する覚悟のようです。

 


 

コメントを残す