新選組登場 !! 久米次郎、久坂家の養子となる

                                         

第24話「母になるために」その1 からの続きです。

京では、上洛した久坂玄瑞が
見廻り中の新選組の沖田総司に声を掛けられます。

久坂は偽名を名乗るも、
久坂の顔を知っている者が新選組にいたため、
久坂は窮地に陥ります。

そこに、高杉晋作と吉田稔麿、入江九一が現れ、
新選組と一色触発の状態になります。

しかし、高杉が拳銃を取り出し
威嚇して、その場から逃げ切りました。

 


 

京の誓い

高杉は脱藩して来たことを打ち明けると
皆一同に驚きますが、
松陰先生が高杉のことを「暴れ牛」
と言っていたことを想い出し
稔麿は笑います。

ならば、「暴れ牛」のように
存分に暴れてやるという高杉が言うと
入江は、人を斬るには向かんが
稽古にはよく役立つ「木刀」となり、
人を育て上げると言います。

稔麿は、表舞台には立たなくてもいい・・
京を駆け巡り情報を収集する
「風」となると言います。

「俺は・・?」と言う久坂に
誰よりも武士らしい「武士」だと
稔麿は言うと、一同頷きます。

得難い仲間の存在に久坂は胸が熱くなり
「松陰先生が果たさんとした志を・・我らで !!」
と叫ぶと、一同は猛々しく決起を誓うのでした。

 


 

文の「八橋」つくり

文は「八橋」づくりにチャレンジし
完成させ三条実美の元に持って行きます。

そこへ小田村伊之助が来て
「妹が失礼しました」と言って
三条にお詫びをします。

(このお詫びの意味が理解できませんでした)

なぜ、このようなことをしたのか・・と
伊之助が文に尋ねると、
三条が京を懐かしく思い出して
京の街を戦の炎で焼くことを
思い止まって欲しかったから・・
と答えます。

菓子で政は変えられない・・
と言う伊之助に、文は、
無駄だとわかっていても、
何かせずにはおられなかった
久坂への想いを話します。

そして、久米次郎を跡継ぎとして
もらってしまったら
久坂がいなくなることを
認めてしまうようで
本当は嫌だと・・
文は伊之助に本音を打ち明けます。

そんな文に伊之助は
久米次郎を養子にやると言ったのは
久坂に死んでもらうためではなく
生きてもらうためだと
その真意を話します。

久坂と松陰はよく似ているが
一つだけ大きく違うところがあり
それは、文だ・・・・
守るべき家族があり命の重さを知っている
そんな漢(おとこ)の志こそ
より強くて熱い・・
と伊之助は言います。

伊之助と話した文は
心に光が差し込むのを感じました。

 

 

文の決心

久坂は、伊之助の養子の条件の
父の務めの言葉を思い出しながら
京で月を眺めています。

同じ月を山口で眺めていた文は
決心して、そのまま伊之助宅に行きます。a-moon

そして、伊之助と寿に
久米次郎を日下家の養子に欲しいと
お願いします。

寿はこの話には納得していませんでしたが
寿は、今まで誰にも話さなかった
自分の胸の内を話します。

幼い頃、文と寿の間の妹が亡くなり、
それから杉家のみんなは
文をよく可愛がっていたため、
あの賑やかな家族の中にいながら
寿は、ずっと自分の居場所を探していたのでした。

しっかりしている長男の篤太郎と違い
次男の久米次郎は寿に全身で甘えてくるため、
ようやく自分の居場所を見つけられた
と、寿は感じていたのです。

このことに気づいた寿は、
思い直したのでした。

そして、文の気持ちと決心を聞いた寿は
久米次郎の養子縁組の話を
受け入れることにしました。
文が帰った後、伊之助は寿に
今みたいに抱えていることは何でも言ってくれ・・
と言います。

そして、伊之助もまた寿が必要だと・・
初めて打ち明け
二人の心は通じ合うのでした。

 

 

伊之助の左遷

それから、しばらくして
久坂から文に手紙が届きます。

そこには、身勝手な自分の文への謝罪と
文と久米次郎を守る
父としての決心が綴られていました。

そうして元知元年に久米次郎
晴れて久坂家の養子となりました。

一方、周布政之助より呼び出された伊之助は
高杉脱藩の責任を周布の代わりに取って
長崎に行くように告げられます。

そんなある日、文は
椋梨藤太の密談を立ち聞きしてしまいます。

椋梨は、周布、小田村、高杉、久坂を貶めるため
来島又兵衛を、焚き付けているのでした。

 


 

コメントを残す