フレーヘード(自由)と草莽崛起

                                         

江戸から久坂玄瑞が無事に戻り
文は安堵します。

兄・吉田松陰の心を
元に戻す本があるはずだと
文は久坂に言い、
松陰の書物の中から
そんな本を二人で探します。

松陰の存在は、文にとって
(しるべ) 」で、
道を照らすかけがえのない灯りでした。

そんな心の拠り所を
見失いつつある文は狼狽えていました。

(「最後の晩餐」みたいなタイトルが気になります)

 


 

江戸からの召喚状

a-nagaiutaそんな中、松陰の江戸への召喚状
長井雅楽の手によって
萩に届けられます。

けれども、幕府がどれくらいのことを
掴んでいるかは一向にわかりません。

江戸で攘夷論者の梅田雲浜への詮議が
日増しに厳しさが増す中
松陰の名が出た可能性も考えられます。

もし、老中暗殺計画が露見すれば、
松陰の死罪は確定となります。

藩に疑いが及ばぬよう
長井雅楽は、早々に松陰を
江戸に送ろうと考えてます。

 


 

杉家の覚悟

a-umetarou梅太郎が野山獄に赴き
松陰に、江戸行きを伝えます。

「江戸送りの段、謹んで承りました。
お知らせありがとうあんした。」

姿は見えずとも香る花の匂いの中
松陰は、覚悟を決めた面持ちで
梅太郎に深々と頭をさげます。

そして、その晩、梅太郎が、
杉家の家族に報告します。

「兄上にはもっと・・・
大勢の方の明かりとなって
もっと、もっと生きてもらわんと !」

兄を助けようと動き回ろうとする文を
父・百合之助は諫めます。

「お前の叫びごときで揺らぐ兄ではない。
寅次郎はとうに覚悟を決めておる」

たとえ松陰を亡くしたとしても
家族は生きてゆかなければならない
と、百合之助は文を諭します。

 

 

吉田松陰の肖像画

松陰は、松浦亀太郎に
何枚か肖像画を描いてもらいます。a-shouin

今日に伝わる吉田松陰の肖像画は
この時に描かれたものと言われています。

久坂の呼びかけにより、
野山獄の松陰のもとに
萩に残る塾生が再び集まりました。

松陰は、塾生たちに別れを告げます。

死を求めもせず、死を辞しもせず。
獄にあっては獄で、獄を出たら出たで
命のある限り、
できるだけのことをするつもりじゃ !

亀太郎は、描き終えた松陰の肖像画
杉家に届け、家族は大喜びです。

文と二人きりになった時
亀太郎は、松陰の眼が
「このままじゃ終わらん」
という抗う眼をしていた・・
という話を文にします。

 

 

草莽崛起

その夜、富永有鄰が
野山獄内に「もののけ」のように現れて
江戸で何をするつもりなのか・・
松陰に尋ねます。

松陰は、幕府の者達を前に直に
自分の思うところの全てをぶつける時が、
ついに来たことを告げます。

今こそ ! 我が国は
ナポレオンを呼び起こし
フレーヘード(自由)を唱えて
立ち上がるべきじゃと・・

a-naporeon

(自由とは)民の輝きです。

何モノにも縛られん
自由な者たち・・在野の者たち
すなわち、草莽(市民)こそが、
この国にとっての真の武士(もののふ)
世の中を変えることのできる
ただ一つの力なんです !

忠義を尽くす道に、
もはや身分など要らん。
天朝も要らん。幕府も要らん。藩も要らん。
草莽崛起(そうもうくっき) !!
この国を守ることができるのは
草莽だけじゃ

今や誰も従う者がいない松陰に
富永は叫びます。

「光を見せろ !!」

「お前の言葉で生きるモノを見せろ !!」

富永は、そう言い残し
疾風のように消えて行きました。

(富永有鄰・・・仙人か !?)

第16話「最後の食卓」その2 へと続く。

 

 


 

コメントを残す