第一次上田合戦

                                         

上杉景勝が海津城入りさせた
急ごしらえの援軍は
老人と子どもばかりであった。

この者たちを死なせるわけにいかない
と考えた真田信繁は、
全員に戦闘準備のまま城に待機させ
矢沢三十郎とともに上田城に急ぐ。

 


 

上田に侵攻する徳川軍

一方、徳川家康は、羽柴秀吉を警戒し
本多忠勝を浜松城に留めた。

そして、浜松城内に軟禁している
真田昌幸の弟・信尹に
真田氏と一戦を交える事を伝え
このまま囚われ人となるか
徳川氏の家臣となるか選択を迫る。

そして、ついに家康の大軍が
離反した真田を叩き潰すため、
上田に押し寄せる。

徳川軍7千に対して
真田軍は2千。

軍議をしている昌幸の元へ
上杉景勝の許しを得て、
越後から戻った信繁は、
三十郎とともに駆けつける。

徳川の大軍を相手に、
昌幸が知略をめぐらせ、
真田家は一丸となって迎え撃つ。

 


 

第一次上田合戦

昌幸から策を託された信繁は、
真田家の家紋「六文銭」の描かれた旗を
戦場に高々と掲げ、
徳川軍を城に誘い込み、
第一次上田合戦の幕が切って落とされる。

数に勝る徳川軍を
堅固な上田城を生かした巧みな策で翻弄し、
次々と打ち破っていく真田軍。

しかし、痛快な番狂わせの裏で、
最後にひとつの誤算が生じる。

信繁が駆けつけた先で見たものは
息のない梅の姿だった。

徳川軍が陣を引き上げた時には、
徳川軍の死者は1300人あまり、
真田側の死者は50人に満たなかった。

 


 

コメントを残す