人質

                                         

徳川氏の刺客となった室賀正武を
真田昌幸は返り討ちにした。

これをもって真田氏は
信州小県を平定し、同時に
徳川家康との決裂が決定的となる。

この時期、家康は、小牧・長久手の戦いで
実質的に羽柴秀吉に勝利し、全国に
その名をとどろかせていた。

けれども、北条氏が敵に回れば、
秀吉との挟み撃ちとなる恐れがあるため、
何としても、真田氏から
沼田領を奪い取り、
北条氏に渡さねばにならないと
家康は思案する。

 


 

信繁、人質となる

そんな家康と北条氏政から
領国を死守するため、
昌幸は、再び上杉に近づく。

そして、上杉の支援を受けるため
信繁は人質として越後へ行き、
景勝のもとで暮らすことになる。

こうして、人質として
上杉氏の居城・春日山城に入った信繁は、
景勝からはあたたかく迎えられる。

けれども、真田氏と上杉氏との関係は
修復しておらず、
上杉家家老・直江景継からは
沼田城返上という無理難題を
昌幸は要請されてしまう。

そのことを知った信繁は
景勝に経緯を尋ねるも
景勝は、兼続に掛け合うことを約束する。

一方、謙信ゆずりの
名君ぶりを見せる景勝だったが、
実は戦続きで疲弊した領国経営に
四苦八苦しており、
民の話は聞いてやるだけに留めていた。

同様に、信繁が景勝に願い出た
沼田城の件も兼続の耳に届いてなく
信繁は沼田城を引き渡す意思が
昌幸にないことを告げると
兼続は、真田氏と組むことはないと断言する。

 


 

上杉氏、真田氏と手を結ぶ

そんな矢先、上杉領の
漁民たちによる争いが加熱し、
神事「鉄火起請」により
裁定を下すことになる。

「鉄火起請」とは、
意見の食い違う2名が
赤く熱せられた鉄を握り、
定の位置まで運ぶことのできた方の
主張が正しいとし、
敗れた方を、神をたぶらかしたとして
処刑されるものだった。

現場に出くわした信繁は、異議を唱え、
仲裁に乗り出し、成功する。

この信繁の活躍により、
景勝の信頼を得る。

そして、景勝は、昌幸に
真田氏を守ることを誓う起請文を送り
上州の沼田と信州の小県を
真田氏の領地と認めた。

この後、昌幸から
手切れの書状を受け取った家康は
天正13年(1585)8月に
鳥居元忠率いる徳川軍を
上田に向け侵攻を開始。

真田氏と手を組んだ上杉氏は、
領内から戦える者をかき集め
海津城に入るよう命じる。

信繁と矢沢三十郎も景勝から許しを得て、
海津城に向かう。

いよいよ第一次上田合戦が迫る。

 


 

コメントを残す