武田信玄が信をおいた真田家

                                         

「船出」その2 からの続きです。

ところが、小山田信茂と跡部勝資が、
武田勝頼の岩櫃城行きを
阻止しようとしていました。

武田氏の家臣となって、
まだ日の浅い真田家
真田昌幸の言葉を信じていいのか・・
と、勝頼に吹き込んでいたのでした。

昌幸と、その父・幸隆は
武田信玄が最も信を置いた家臣でしたが、
跡部たちからしてみれば
真田家はあくまで信玄の家臣であり
武田氏代々の家臣ではありませんでした。

また、真田家が北条氏と
裏でつながっている・・という
ウワサも聞きつけていました。

そこで跡部たちは、
信茂の居城・岩殿城へ
勝頼を誘おうとしていたのでした。

岩殿城は、西に笹子峠、
北と南は絶壁に囲まれた天然の要害で
織田軍を迎え撃つには絶好の場所と
家中の総意を取り付けていました。

信玄公のご威光を留める甲斐の地を
見捨てて、亡きお父上が喜ばれるとお思いか・・
と、跡部に迫られ、
勝頼は、苦悩の末、岩殿城行きを決意します。

 


 

お忍びで真田屋敷へ

勝頼は、人目を忍び真田屋敷を訪ね
昌幸の息子、信幸・信繁兄弟に
岩櫃城でなく、岩殿城に向かうことになった
ことを告げます。

そして、勝頼は、
自分の真田への信頼の証として
証文を差し出し、
武田氏の人質を免ずることを伝え、
小山田氏の人質となっていた
信幸たちの姉・松も
岩櫃城へ連れて行くように言い、
勝頼の手勢100を信幸たちの護衛に
つかせると言います。

この翌日には、新府に
火が放たれることになっていたため
勝頼は、早く新府から出立するように
信幸たちに命じます。

勝頼が去ろうとする時、信繁は
考え直して岩櫃城に行くよう訴えますが
勝頼は、信繁をあたたかく見つめて
去ろうとします。

そんな勝頼に、信幸は言います。

「御屋形様はまさしく真田の旗印。
生き延びて頂くことこそが、
真田の再起の道。
御屋形様を守る者を減らすのは、
我らの思いに背きまする」

先程、授かった手勢を
岩殿城へ連れて言って欲しいという
信幸の言葉を聞いた勝頼は、
真田一族との絆を噛み締めながら
去って行きました。

 


 

岩櫃城への旅支度

この直後、信幸と信繁は、薫ととりに
人質を免じられたことと
松も真田家に戻ることを伝え、
新府を発ち昌幸と岩櫃城で
落ち合うことを告げます。

しかし、武田氏の威光のない
岩櫃城までの道中は
決して楽ではありません。

織田方の軍勢が
どこに隠れているかも知れず、
野盗だけでなく農民たちも
落武者を狙うというウワサがありました。

けれども、新府城には
翌日に日をかけられるため、
まはや、この地に残るという
選択肢はありませんでした。

とりは覚悟を決め、旅支度を始めます。

不安がっている薫も、信幸と信繁の、
母をしっかり守るとの約束により
ようやく旅の支度を始めます。

一方、信繁は、いまだに
勝頼の岩殿城行きを
納得していませんでした。

岩殿では攻められたら終わり・・
と蒸し返す信繁に、信幸は、
御屋形様は信玄公のご威光と
武田氏の名誉を守ることを選んだ・・
それも一つの生き方・・
と、言い聞かせます。

そして、信幸は、忍びの佐助に
父・昌幸への手紙を託すのでした。

「船出」その4 へと続く。

 


 

コメントを残す