当主・勝頼の武田家の危機

                                         

天正10年(1582)2月。
名将・武田信玄の急死から9年、
甲斐の名門・武田家は、当主・勝頼の下、
絶体絶命の危機を迎えていました。

織田信長の侵攻を許し、
その先鋒が迫る山中を、
武田に仕える若者・真田源次郎信繁と
その家来・矢沢三十郎頼幸が進んでいました。

この信繁こそ、後の大阪夏の陣で、
徳川家康を自害寸前まで追い込み
「日の本一(ひのもといち)の兵(つわもの)」
と言われる真田幸村でした。

しかし、この時は、まだ・・
徳川勢と鉢合わせ、
逃げるに精一杯のただの若武者でした。

 


 

武田に仕える真田一族

その頃、勝頼は、諏訪の上原城で
直接、指揮をしていました。

北に上杉、東に北条、西に織田、南に徳川
に囲まれる中で、勝頼は、
勢力挽回を伺っていました。

しかし、1月に、義弟・木曽義昌が
織田方に寝返ると、信長は、
それを機に一気に兵を進めて来ました。

上原城の大広間で、勝頼が
親類衆・小山田信茂や筆頭家老・跡部勝資ら
家臣団と軍議を開いていると、
駿河にいるはずの
御一門衆筆頭・穴山梅雪が来訪します。

跡部と信茂が、来訪をいぶかしむ中、
梅雪は、松尾城の小笠原信嶺が
織田方に下ったと報告します。

それを聞いた信茂と跡部は
木曽討伐を勝頼に訴えます。

ところが、梅雪は、
大島城も落ち、織田軍が
天竜川まで押し寄せていることより
本拠の新府城に戻り
味方の態勢の立て直しを進言したことから
大激論となってしまいます。

そこで勝頼は、
真田安房守昌幸に意見を求めます。

昌幸は、西の守りの要の
木曽義昌の寝返りにより
領地の西側が丸裸になったも同然のため
梅雪の言う通り、
いったん新府に引くのが上策
であると述べます。

軍議の後、梅雪は、昌幸に
たとえ自分たちだけになっても
勝頼を守って武田のために尽力しようと
言います。

昌幸は、梅雪を見送ると
嫡男・信幸に、一足先に
新府へ戻るよう命じます。

西方だけでなく南方も案じていた昌幸は
徳川が駿河口に兵を進めて来る頃だと
睨んでいました。

この真田昌幸もまた、後の関が原の戦いで
信州上田城にわずかな手勢で立てこもり
3万8000の徳川軍本隊を翻弄し足止めした
戦国きっての名将ですが、
そんな昌幸もこの頃は、まだ、
武田氏の一家臣に過ぎませんでした。

 


 

武田氏滅亡をかけた戦い

この時期、真田昌幸の妻・薫、母・とり、
長女・松とその夫・小山田茂誠らの
真田の家族は、武田氏の本拠地である
甲斐の新府にある真田屋敷で暮らしていました。

戦国時代では、家臣の裏切りを防ぐため
その家族を大名の城下に住まわせていました。
いわゆる「人質」です。

新府に戻った信幸を待っていたのは
昌幸の次男・信幸の弟の信繁でした。

信繁は、駿河で徳川が国境まで迫り、
西の織田の動きを待って
攻めこむ可能性があるため
こちらの構えを悟られぬよう
物見だけでも潰すことを
信幸に提言します。

信幸は、武田氏存亡をかけた戦いが
始まっているので、勝手な動きをすると
収拾がつかなくなると信繁を非難しますが
それなら、なおさら先手を打つことが大事と
信繁は考えます。

そういうことは真田家の棟梁である
父・昌幸が考えることなので
自分たちは、その指示に従っていればいい
と、そんな信繁を信幸は諭します。

けれども、信幸は、
西方の織田ばかりに気を取られず
父と同じ視点で、南方に着眼している
弟に、内心ショックを受けていました。

「船出」その2 へと続く。

 


 

コメントを残す