大名への決意

                                         

第9話「駆引」その1 からの続きです。

その後、出浦昌相は真田昌幸に
大名になるべきと
あらためて説いていた。

毛利元就や織田信長の
先例を引き合いに出され
心が揺らぎ始めた昌幸は、
自分の大名としての力量を
武田信玄の肖像に問いかける。

 


 

徳川氏との駆け引き

その直後、徳川家康から
真田氏と手を結びたいという書状が届く。

信濃・上野を真田家が治める日まで
家康を利用しようと思い立った昌幸は
弟の信尹を徳川氏に遣わす。

ようやく昌幸は、
大名になる決心をしたのだ。

新府城に赴いた信尹は、
真田家が徳川氏に加勢する条件として
諏訪の領地と2000貫分相当の甲斐の所領と
上野の沼田領を真田家のものと
認めてもらいたいと家康に要求する。

家康の家臣・本多忠勝は、
真田氏の言いなりになることはない・・と
この図々しい願い出に反発するが、
天下に聞こえた昌幸が
味方についてくれるのなら安いものだ・・と
家康は受諾する。

この時、家康が約束した
「沼田領安堵問題」が
のちに家康と昌幸の間に
大きな亀裂を生むことになる。

その後、北条勢に
真田氏の裏切りが伝わると
氏直は兵を差し向け
真田氏をひねり潰そうとするが
氏政は、徳川氏との戦に専念する方針を取る。

この判断が、のちに
北条氏の運命を狂わせることになる。

 


 

信繁の計略

一方、小県の国衆は、
真田家が徳川氏に属したことにより
次々と北条氏から離れ、徳川氏についた。

それを受けて昌幸は、室賀や出浦の同席の元、
軍議を開き、北条氏の要である
内山城を押さえることで
信濃への攻め口を塞ぐという策が支持される。

そんな中、信繁は、
重要拠点の内山城で戦えば
激戦となり味方を
余計に死なせる恐れがあるとして
兵糧の道を断ち切る策をあげる。

信繁は、甲斐へ深く入り込み
北条軍の戦列が伸びきっていることに着目し
碓氷峠から小諸を通る
兵糧の補給路を封鎖すれば
北条軍は孤立して飢え、
その後、こちらは手を出さずに
徳川軍に一任すれば
無駄に味方の命を損なわずに勝てる・・
という算段であった。

ほどなく信繁の戦術により形勢は逆転し
徳川軍が優勢となり、
数に勝る北条軍を圧倒し始め、
北条軍は戦略の練り直しを迫られる。

 

 

昌幸の大誤算

こうして昌幸の思惑通りに進み、
北条氏に泡を食わせ、
徳川氏に恩を売ることに成功したはずだったが、
その直後、徳川氏と北条氏が手を結んだという
知らせが舞い込む。

和睦の話を氏政が持ちかけ
家康が応じたのだった。

戦線を押し返したと言っても
北条氏の大軍を倒したわけではなく
頼みの綱としている織田軍は、
羽柴秀吉と柴田勝家の対立が深まり
援軍を出すような状態ではなかった。

そんな状況のため、家康は、
北条氏との和睦を受け入れたのだった。

それは、昌幸が北条氏との縁を切った
わずか10日後のことだった。

こうして信濃と上野は、
徳川氏と北条氏で分け合うことに決まるが
これは、昌幸の大誤算であった。

 


 

コメントを残す