北条氏と徳川氏の激突

                                         

織田信長の死から始まった
東国の覇権争いは
本能寺の変から2ヶ月後、
北条氏徳川氏の激突で
クライマックスを迎える。

上杉景勝との決戦を避けて
南転した北条氏直の軍は、
甲斐に入った徳川家康の軍を
瞬く間に包囲する。

家康は、新府城を拠点に
巻き返しをはかるも、
策に窮する。

そんな家康は、
真田昌幸を味方につけることを
家臣の本多正信から提案される。

 


 

真田家を取り巻く状況

その頃、真田の郷には
北条軍が撤退した後も
信濃に残ったままの昌幸がいた。

昌幸の二人の息子・信幸と信繁は、
父が自分たちが考えていたよりか
すごい人だと思うようになっていた。

一方、上杉景勝は、
逃げる北条氏を追うことなく
家臣の反乱に備えて越後に戻っていた。

そんな景勝は、自分たちを裏切った
真田昌幸をいずれ成敗しようと考えていた。

家臣の直江兼続は、信尹も
昌幸と示し合わせていたと考え、
信尹の尻尾をつかむため、
上杉家臣・山田右近を
信尹のもとに遣わすが、
罠に気づいた信尹は、隙を見て逃げ出す。

一方、昌幸の元には、
徳川攻めに参陣するよう
北条氏の書状が届くも
昌幸は、上杉氏に動きがあったと
虚報を返し時を稼ぎ、
小県の国衆を一つにまとめようとしていた。

昌幸は、国衆の寄り合いによる
国づくりをめざすも
国衆のひとりである出浦昌相は、昌幸に
大名になって信濃・上野を
治めてもらいたいと思っていた。

出浦は昌幸を支えることを誓い、
小県で真田氏の次に力を持つ
室賀正武との取り次ぎを担うことにする。

そんな軍議の間、信繁は
一言も発していなかった。

目的のためなら人を利用し、
殺すこともいとわない父を軽蔑し
その場を飛び出してしまう。

そんな信繁に出浦は、
もっと心を強く持つように言い残し
去っていく。

後日、昌幸は出浦らとともに
室賀正武の説得に成功する。

一方、室賀の説得の場に
同席を許されずにいた信繁を
高梨内記に促された娘・きりが
慰めようとするも、
きりに気のない信繁は去ってしまう。

 


 

命を損なわずに勝つ

信繁は、堀田作兵衛の家に行くが
そこには、返り血を浴び、右手に槍、
左手に収穫物でいっぱいの籠を抱えた
作兵衛がいた。

再び隣村の者達に襲撃された
作兵衛ら村の衆は、総出で
追い払っていたのだった。

そんな作兵衛は、
昌幸が信濃を治めてくれたら
揉め事がなくなるのではないか・・と
信繁に漏らす。

そこに梅が現れ、
信繁を家の中に招き入れ
自分の思いを吐露する。

戦が続くと畑が荒れ
食べ物も奪い合いになるから
戦がないに越したことはない・・
単に勝てばいいわけでなく
大事なのは人の命を
なるべく損なわないことではないか・・
昌幸はそれがわかっている・・

そんな梅の言葉で
心のわだかまりがとけた信繁は
梅がなくてはならない存在だと
梅に告げる。

 

 

室賀正武と真田昌幸

一方、甲斐では、
徳川家康と北条氏直の
にらみ合いが続いている中、
氏直からの出陣要請に対して昌幸は、
上杉氏に備えていると伝え、
小県の国衆を集め、
力を貸して欲しいと呼びかける。

昌幸の説得に応じない国衆たちを
室賀は根気よく説得しようとする。

昌幸とは犬猿の仲の室賀は
上杉氏北条氏徳川氏
この地を取られるよりか
昌幸と国衆でこの地を治めた方が
得だと考えていた。

去り際に室賀は、信繁に
一人でもできたのに
あえて自分に声をかけた
昌幸のことを称賛する。

第9話「駆引」その2 へと続く。

 


 

コメントを残す