虚空蔵山城の計略

                                         

第10話「妙手」その1 からの続きです。

そんな折、真田信繁は、
矢沢頼綱の嫡男・三十郎を、
沼田城の加勢に向かわせようと
父・真田昌幸に相談すると、
昌幸は承諾し、信繁には
上杉氏の元へ行くよう命じる。

沼田城の戦を終わらせるには
上杉氏の力を借りるしかないと
昌幸は考えたが、
昌幸に裏切られたばかりの上杉氏が
おいそれと真田氏に
力を貸すとは思えなかった。

そこで、智恵を働かせて
上杉氏を調略するよう信繁に
昌幸は言いつける。

父に信頼を寄せられて嬉しい信繁は
梅にさらけ出し、梅は信繁の手柄を祈る。

信繁の子を宿していると
梅より告げられた信繁は、
この大仕事を成し遂げる決意をする。

 


 

信繁の計略

上杉景勝は、家臣であった
新発田重家の反乱を鎮圧できないばかりか
隣国・越中の佐々成政との戦いも
一触即発の状況だった。

そんな中、信繁は、
景勝のいる春日山城に乗り込む。

景勝の家臣・直江兼続に
どの面下げてここにやって来た
と糾弾されながらも
信繁は、かつて名乗った
信尹の息子というのは偽りで、
真田昌幸の次男の
源次郎信繁であることを白状する。

兼続は、真田氏に腹を立てるも
景勝はそんな信繁に興味を持つ。

さらに、信繁は、徳川氏が築いている
上田平の城について話す。

城が完成した暁には真田氏が入り、
徳川氏がその城を拠点に
上杉氏の虚空蔵山城を攻める
というのは表向きの理由で、
本当は徳川氏に備えるための城であって
徳川氏の家臣になる意思が
真田氏にはないことを信繁は白状した。

そして、沼田領を、北条氏と徳川氏が
勝手に分けてしまったことを受け入れられず
武士の誇りを守りたいと訴える。

信繁は、景勝が、このような
武士の誇りを大切にする武将と信じ、
力添えを願い出る。

信繁は、虚空蔵山城で、攻める真田氏を
撃退する戦芝居を上杉氏にしてもらおうと
考えたのだった。

その後、真田氏を倒した上杉勢が、
勢いに乗り、北条氏を攻めるらしい・・
というウワサを流せば、
北条氏は沼田城どころでなくなる・・と
信繁は踏んでいた。

景勝は、この計略に興味を示し
信繁に協力することを約束する。

殺されるかもしれないのに
自分のところへやってきた
信繁の勇気に免じて、
この話に乗ったのだった。

こうして虚空蔵山城で、
真田氏と上杉氏の戦芝居が行われ、
双方がほら貝や銅鑼などを響かせ
鳴り物合戦が繰り広がられる。

真田氏と上杉氏との戦の知らせは
すぐさま各地に知れ渡り、
徳川家康は海士淵の城の完成を急ぎ、
上杉氏が上野に攻め込む
というウワサを信じた北条氏は
沼田城攻めから撤退する。

 


 

家康の思惑

その後、北条氏より家康の元に
沼田領の件を真田氏に説き伏せて欲しいと
書状が届くも、家康は西のことで
頭がいっぱいであった。

羽柴秀吉が攻めてきた時に
誰が味方になり敵になるのか思案していた。

そんな家康に、本多正信は
西に集中するためにも
東の憂いは取り除くべき・・と助言し
真田昌幸の暗殺を企てる。
一方、自分の策により、誰も死なずに
敵を追いやることに成功した信繁は、
それを梅に報告するとともに
プロポーズする。

その頃、浜松城の大広間に
室賀正武の姿があった。

 


 

コメントを残す