沼田領問題

                                         

徳川氏と北条氏が和睦したことに対し、
真田昌幸は、弟・信尹を浜松城に派遣し
家康の家臣・本多正信に約定の念を押す。

家康も正信も、北条氏が
上杉氏から徳川氏に標的を変えた裏で
暗躍していた信尹を警戒していたが
それ以上に、西の羽柴秀吉のことが
気掛かりであった。

大徳寺で行われた信長の葬儀では
あたかも自分が喪主のように
秀吉は振舞っていた。

 


 

沼田城をめぐる攻防

けれども、正信は、
真田氏は雑魚のようだが
猛毒を持っている恐れがあるとして
手なずけるよう家康に忠告する。

それを受けて、家康は昌幸を
呼び寄せようとするも
昌幸は急病と偽り、
信幸・信尹・信繁を浜松城に送り込む。

昌幸が来ないことに対して
家康は不機嫌になるも
信幸は、淡々と名代としての責務を果たす。

上杉氏が虚空蔵山城を足がかりに
信濃の支配を狙っているとして、
小県の海士淵に上杉氏の侵攻に備え
いざという時に徳川方の軍勢の入る規模の
新しい城をつくって欲しいと
信幸は、家康に願い出る。

家康は、真田氏のために
城をつくることに難色を示すも
上杉氏への抑えになると目算した
正信の口添えにより、承諾する。

だが、家康は、城の普請の交換条件として
沼田領をもらい受けたいと言い出す。

これに対し、家康から沼田城と岩櫃城の
安堵を取り付けていた信尹は反発し、
信幸も、家康の家臣・本多忠勝の
脅威に恐れをなしながらも、拒絶する。

しかし、家康は、北条氏との和睦の際、
沼田領を北条氏に渡すとの約束のため
話は平行線をたどるが、
信尹は、いったん持ち帰って
昌幸と相談することを願い出てる。

北の上杉氏だけでなく
いずれ徳川氏とぶつかる日が来ると
踏んでいた昌幸は、
徳川氏と戦うための海士淵の城を
徳川氏自身につくらせようとしていた。

家康との交渉で、信幸はぐったりしたが
家康の隣りにいた本多忠勝の威圧感に
押しつぶされそうになっていた。

後年、そんな本多忠勝の娘・小松姫を
信幸は妻として迎えるのだった。

一方、家康は、沼田領を与えるという
真田氏との約束を後悔するが、
阿茶局により、徳川氏が
全国から集めた人質の中に
昌幸の母・とりがいるという
情報がもたらされる。

木曽義昌が徳川氏に降伏した際に
信州の国衆から預かっていた人質も
もらい受けていたのだった。

その晩、家康は宴の席で信幸たちに
土産だ・・と、とりを返還する。

信幸たちは、とりの無事を喜ぶが
家康は、恩を売って沼田領の件を
優位に進めようとしていた。

 


 

沼田城を守る矢沢頼綱

真田屋敷に戻った信幸は、
今回の一件を昌幸に報告すると、
家康が海士淵に城をつくると
明言したことを確認し、
沼田領問題は、ひとまず
棚上げすると言い出す。

関東の統一を目論む北条氏にとって
沼田城は、どうしても
手に入れたい城であったが
沼田城には、昌幸の父・幸隆の弟で
信幸や信繁には大叔父にあたる
矢沢頼綱がいた。

亡き主・武田勝頼の命令により
死力を尽くして沼田城を手に入れた頼綱は
北条氏には、死んでも渡さないと
信幸の説得には応じなかった。

その頃、家康は、正信の進言により
沼田領問題には介入せず、
北条氏に一任することにした。

家康からの手紙を読んだ北条氏は
沼田城に使者を派遣するが、
頼綱がその使者を斬り殺したため
沼田城は、北条氏からの
攻撃を受けることになる。

しかし、齢70になろうとする頼綱が善戦し
北条勢は、沼田城に
近づくことができなかった。

第10話「妙手」その2 へと続く。

 


 

コメントを残す