北条氏直の撤退

                                         

第8話「調略」その2 からの続きです。

信濃で最後で、最大抵抗勢力だった
真田家を味方につけた北条氏は
すんなりと川中島に布陣する。

そして千曲川を挟んで、
北条軍と上杉軍は対峙する。

北条陣営の軍議で、真田昌幸は
春日信達と話がついており、
自分たちが攻めかかるのを合図に
海津城から春日の兵が討って出て
上杉勢を挟み撃ちにする策
となっていることを確認する。

その直後、氏直の陣営に
7000と噂されていた上杉氏の兵力が
1万や2万では足りないくらいに
膨れ上がっていると
地元漁師によってもたらされる。

その漁師は、変装した佐助であったが、
北条氏直も傍にいた室賀正武も気づかず
その情報を信じ、不安を募らせる。

それから、ほどなく
千曲川の対岸に春日信達が
磔にされていることが発覚し、
昌幸は呆然となりながらも、
上杉氏に策略が悟られてしまったと弁明する。

春日の裏切りを前提としていた北条氏直
あわてふためくが、そんな氏直に
このまま攻めかかるしかない・・と
昌幸はあおる。

昌幸に出浦昌相も援護射撃するが、
あまのじゃくな性格な氏直は、
徳川軍が甲斐に入った
知らせが届いたとして、
上杉氏に手こずっている隙に
徳川氏に甲斐を取られる恐れがあると
兵を退く決断をする。

氏直は、追撃されないよう
しんがりを昌幸に任せて去ってしまう。

 


 

昌幸と信尹の計略

反真田派の室賀は、遅参した上に
調略に失敗した昌幸をあざ笑うが
実は、これはすべて
昌幸のシナリオ通りだった。

昌幸の逆のことしか言わない
氏直の性格を逆手に取り、
北条氏を信濃から追い出したのであった。

ちょうどその頃、上杉景勝も
家臣・新発田重家の乱を鎮圧するために
越後に戻っていった。

こうして北条氏とも上杉氏とも戦わずして
真田家は信濃を守った。

しかし、春日信達の調略にあたった
信繁の顔は浮かなかった。

北条氏直がしたためた起請文が届くと
信尹がすぐに春日を殺していたからだった。

昌幸と信尹の最終的な目的は、
春日を裏切り者として始末することにあり
春日を利用しただけだった。

信繁は、昌幸と信尹の恐ろしさを知ったのだ。

 


 

昌幸の構想

昌幸は真田屋敷に戻ると
岩櫃城から呼び寄せた信幸、
海津城から帰還した信繁を前に
ここまで狙い通りに進むと、
気持ちよさを通り越して
気味が悪い・・と軽口を叩く。

信幸は、そんな父に、
どこまでが狙いだったのか・・と尋ねる。

北条は、上杉との戦を諦め
徳川攻めに転じ、
信濃を狙っていた徳川の動きを封じ、
越後の謀反の話も耳に入っていたので
上杉が攻めてこないこともわかっており
すべてが計略のうち・・と昌幸は答える。

昌幸は、誰の傘下にも属さない
自分たちの独立国家の創設を
考えるようになっていた。

けれども、そんな昌幸の前に
立ちはだかる男がいた。

のちに真田家の宿敵となる徳川家康であった。

 


 

コメントを残す