北条氏への帰属

                                         

第6話「迷走」その1 からの続きです。

その頃、真田昌幸は、小県の国衆を集めて
滝川一益に手を貸すことを報告する。

けれども、先の軍議で
上杉氏従属を宣言したばかりの
昌幸の朝令暮改の態度に
室賀正武は反発する。

室賀は、北信濃の国衆が
反旗を翻した事例をあげ、
織田氏を叩く時が来たと・・
他の国衆たちと信濃を取り戻す
決起を促す。

一益を追いやった後に、
北条氏に属すことで
室賀をはじめとする国衆の
意見は一致していた。

北条氏直は武田信玄の孫で、
信玄に仕えていた国衆にしてみれば
新しい主としてふさわしい存在だった。

それを受け、昌幸も
北条氏に帰属することに同調する。

ころころと意見を変える昌幸の意図は
信幸には理解できなかったが、
昌幸は、しばらく一益と北条氏を
天秤にかけて様子を見ようとしていた。

 


 

北条氏とのかけひき

そして昌幸は、弟の信尹を
北条氏の元へ派遣する。

真田家の外交担当として
ここのところ信尹は、
上杉氏・北条氏との交渉を引き受けていた。

北条氏政は、家督を息子の氏直に
2年前に譲っていたが、実権は、
氏政が依然として握っていた。

氏政に信長の訃報が届いた直後に
信尹は、小田原城に着く。

氏政は、信尹を迎えると、
真田家の不義理に皮肉を言いながら
昌幸が頭を下げれば、いつでも迎え入れると
寛容な態度を示す。

信尹は、そんな氏政に
一益が、光秀征伐に西に向かっている間は
事を構えないで欲しい・・という
昌幸の要望を伝える。

織田氏と約定を交わしている北条氏が
攻めこむはずはなかったのだが、
起きるはずのないことが起きてしまうのが
戦国の世と昌幸は考えていたのだった。

この要請を氏政は承諾し、留守中に
上野や信濃に侵攻しない旨を記した書状を
一益に届ける。

氏政は氏直に、盟約を結んだ
相手の不幸につけこむなど
武士のすることではない・・と言いつつも、
戦国の世では、敵を油断させるのも
立派な兵法のひとつであるとも語る。

光秀攻めの決着がついたら、
まず上野を取り戻し、
続いて信濃に侵攻しようと・・
戦支度をはじめる氏政であった。

一方、浜松城の家康は、
光秀を討ちに行く気概もなく
北条氏との戦に備えたいとする
一益の援軍要請にも空手形を発行し、
のらりくらりとかわしていた。

それが家康が生き残る術だった。

 


 

真田家への報告

信繁は真田屋敷に戻るや、昌幸たちに
松を守れなかったことを詫びる。

人質として差し出す時点で
永久の別れになるかもしれない覚悟は
折り込み済みのため、これも運命・・
と、信幸は信繁を慰める。

けれども、母・薫は、
娘を失った悲しみのあまり
信繁を責め立て、そんな母に
信繁は謝り続けるのだった。

安土や京を見聞して来た信繁は、
誰もが先行きがわからず
必死にもがいているような状況と
信幸に報告する。

それに対して、信幸は
ひとつだけ先行きの確かなことは、
いま北条氏が攻めてきたら真田家は終わり
ということだと軽口で返す。

第6話「迷走」その3 へと続く。

 


 

コメントを残す