滝川一益と木曽義昌との交渉

                                         

第7話「奪回」その1 からの続きです。

そんな滝川一益は、翌日に箕輪城を出て
信濃に向かい、夕方には小諸城に入る。

真田信繁も矢沢三十郎も、
とりたちを救出するために
小諸城に忍び込む。

城内には、一益の兵と
小諸城の兵が入り混じっていたため
そこに狙いをつけた信繁は、
夜、堂々と城内を進み、
とりたちを探す。

信繁たちは、一益の家臣や、
小諸城の城代・道家正栄の家臣に成りすまし、
とりたちの捕らわれている部屋を見つける。

信繁たちは二人を
急いで連れだそうとするも
きりが、信繁からもらった櫛を
部屋に忘れてしまう。

大事なものと・・櫛を取りに
戻ったことが仇となり
信繁たちは捕らわれてしまう。

昌幸に騙されてばかりいた一益は
信繁が人質を奪いに来たことからも
真田家は信用できない・・と
信繁たちを人質に取り、
伊勢まで連行することにする。

結局、真田家の人質は二人増えて
四人となってしまった。

その頃、昌幸は、堀田作兵衛に
真田屋敷を守るように命じる。

妹の梅も、屋敷を守る者に力をつけようと
にぎり飯を振る舞う。

 


 

時間がない滝川一益

一方、一益は、木曽義昌との
通行許可の交渉に手間取り、
小諸城で足止めを食らっていた。

木曽義昌は、武田信玄の娘婿にもかかわらず
真っ先に武田氏を裏切り、織田信長の
信濃攻略のきっかけをつくった人物で
信濃西部を支配する有力な国衆だった。

ところが、義昌は、
武田氏を滅ぼした信長を
親の仇も同然として
北条氏に敗れて逃げ帰る
織田氏の残党である滝川一益
味方をしようとしなかった。

一益は、織田氏の家臣たちが集まって
信長の後継者を決める
清須会議が目前に迫り、時間がなかった。

そこで義昌と直に交渉するため
一益は木曽の福島城へ向かう。

 


 

望みを捨てなかった者に開ける道

信繁たちも連行されて福島城へと向かうが
役立たずの自分の不甲斐なさに
信繁は落ち込む。

一方、戦国の女子の誇りを持っていたとりは
人質となった時から覚悟はできていた・・と
普段と変わらない姿勢を保つ。

思い通りに行かぬのが、この世・・
思い通りに行かぬ時に、いかに振る舞うか・・
望みを捨てなかった者のみに道は開ける・・
と、そんなとりが信繁に諭す。

とりの言葉に信繁は元気つけられるも、
義昌が武田氏を裏切った際、
新府にいた木曽の人質が
勝頼の命で皆殺しにされており、
武田氏の家臣を恨んでいても
不思議はなかったが、
とりは落ち着いている。

まもなく一益は義昌と対面し
木曽地方の通行の条件として
一益の人質を義昌に譲ることを提示する。

人質が、信濃の国衆の身内で
真田昌幸の次男・信繁もいると知った義昌は
満悦の表情を浮かべて申し出を受ける。

第7話「奪回」その3 へと続く。

 


 

コメントを残す