人質を救出しようとするのだが・・

                                         

天正10年(1582)6月18日、上野で、
滝川一益は北条氏直と激突した。

初戦では優勢な滝川軍であったが
神流川の戦いにおいて、
北条氏の大軍の前に総崩れとなり
箕輪城に撤退した。

 


 

人質救出作戦の落とし穴

真田昌幸は、母・とりが
人質となっている沼田城を
その隙に奪い返したものの、
城内のどこを探しても
とりは見つからない。

実は、とりは一益に連れられて
箕輪城に移っていた。

昌幸は、叔父の矢沢頼綱に沼田城を任せ
信幸には岩櫃城を押さえるように
言いつける。

その頃、小田原城にいた北条氏政は
就寝直前であったが、
家臣の板部岡江雪斎から
戦勝報告を受け、ほくそ笑む。

氏政は横になったまま、
廊下に控える江雪斎に
氏直に一日も早く上野を
押さえるよう・・伝言する。

一方、昌幸は信繁とともに箕輪城に向かう。

負け戦の渦中にある一益は
沼田城や岩櫃城どころではないと踏み、
昌幸は乗り込んだのであった。

満身創痍の一益は、案の定、
昌幸たちを怪しむことなく迎え入れ、
北条氏との勝負はついたので
自領の伊勢へ帰ると言い出す。

ただ、一益たちの兵が
無事に信濃を抜けられるまで
人質のとりは、もうしばらく
預からせて欲しいとの事だった。

信濃を抜けたら
とりを返すと約束する一益は、
昌幸との別れの盃を用意する
と言ってその場を去る。

一益の耳に、岩櫃城と沼田城の情報が
まだ入っていないことを確信した昌幸は
それを知られる前に、とりを取り戻そうと
信繁に城内を探索させる。

信繁は、まもなく
とりときりの居場所を突き止め、
一益が伊勢に向かう道中で
必ず助けると、二人に誓う。

 


 

困惑する真田昌幸

その夜、酒を酌み交わしている時に
岩櫃城と沼田城を真田家に返す・・と
一益から言われた昌幸は困惑する。

信長亡き後の織田家を
立て直すのが急務なので
上野・信濃をいったん国衆たちに返そうと
一益は考えていた。

この先、どの大名を頼ればいいのか・・
自分たちで考えればいい・・と
昌幸を信用しきっている一益は言う。

また、織田家を立て直したら
必ず戻ってくるので
緑深き山々を眺めながら
また酒を飲もう・・と
一益は、やさしい言葉を昌幸にかける。

嘘がバレれば一大事と焦った昌幸は
後事を信繁に託し、そそくさと
真田の郷へ戻る。

昌幸が去った直後に
すでに沼田城も岩櫃城も
真田家の兵に押さえられていることを
家臣の長崎元家によって、
一益に報告される。

また、上杉家が真田氏に
攻め入ったのも事実無根で
昌幸の軍勢が真田の郷で
神流川で北条氏と戦っていた戦況を
伺っていたことも報告される。

第7話「奪回」その2 へと続く。

 


 

コメントを残す