国衆の惣代・真田昌幸の迷い

                                         

第5話「窮地」その1 からの続きです。

その頃、本能寺の変がまだ伝わっていない
信州・真田の郷では、堀田作兵衛が妹の梅を、
高梨内記が娘のきりを、真田信繁に
嫁がせたいと考えるようになっていた。

信繁と梅とは互いに惹かれ合っていたが
真田家と堀田家では家格の差があり、
梅は、自分と信繁とでは
不釣り合いではないかと感じていた。

 


 

女ごころ

一方、きりも信繁に
密かな恋心を抱いていたが、
その思いを胸の奥にしまい、
梅の力になろう・・としていた。

そんな折、きりの父・高梨内記が、
娘のきりを真田家の奥向きの役目に
つかせて欲しい・・と
真田昌幸に願い出る。

きりを真田家に仕えさせれば、
信繁に嫁ぐ好機が訪れるかもしれないと
内記は思ったからであった。

父・内記からそのことを聞かされたきりは
人知れず喜びに浸る。

 


 

苦境に立たされる真田家

その直後、京の変事のウワサが
昌幸の耳にも入る。

にわかに信じられずにいた昌幸の元に
明智光秀の使者が参上し真相が明らかになると
昌幸は、急ぐ使者を強引に引き留め、
持参していた他の国衆への書状を奪い取る。

光秀は、昌幸をはじめ小県の国衆
味方につくよう説得する旨の書状を宛てていたが、
奪いとったそれらの書状を燃やし、
織田信長の死を伏せたまま国衆を
急ぎ集めるよう内記に指示した。

側近の内記の前では
冷静を装っていた昌幸であったが、
信長に賭けていた昌幸は、
この先どうすればいいのかわからなかった。

信長の死が伝われば、
上杉景勝・北条氏政・毛利輝元・長宗我部元親
といった各地の大名がいっせいに
立ち上がることが考えられたし、
主君を失った織田氏が
それらを抑えられるかどうか・・
昌幸は不安に感じ、悩むのであった。

 

 

小県の惣代・昌幸の次の手

信繁が京へ向かう途中、光秀の軍勢が
街道を京方面から安土方面に向かう光景を
丘の上から目にする。

信長の死を知らない信繁は、
そのまま京へ急ぐ。

その頃、真田屋敷の昌幸は、
落ち着きを取り戻し、
このまま織田氏に従うか、
光秀の誘いに乗るか、
上杉氏に掛け合うか、
北条氏に頭を下げるか、
真田家にとっての最善を
見極めようとしていた。

いずれにしても、
力のある大名にすがるしか
生き残る道はなく、
この荒波を乗り切ってみせる・・
と、意気込む昌幸でしたが、
信長に差し出した人質の松のことが
唯一の心配であった。

いずれ信長を討った
光秀の軍勢が安土に入り、
信長の一族を人質に取ることは
明らかだったので、昌幸は、佐助を
急ぎ安土に向かわせる。

その頃、京の町にようやく入った信繁が
信長の死の事実を知り、
松の身が危ないと悟った信繁は
あわてて安土に戻っていく。

第5話「窮地」その3 へと続く。

 


 

コメントを残す