本能寺の変

                                         

織田氏への服属が決まった真田家では、
人質となった松を送り届けるため
真田信繁が、織田信長の本拠地
安土を訪れる。

華やかで活気ある安土城下に
圧倒される信繁であったが、翌朝未明に
歴史を揺るがす一大事
本能寺の変」が起きる。

 


 

信長の横死

天正10年(1582)6月2日早朝。
時代の風雲児・信長は、本能寺で
49歳の波乱の生涯を閉じた。

武田氏を滅ぼして
わずか3か月後のことだった。

本能寺を焼いた明智軍は、
嫡男・信忠のいる二条城も襲撃、
日本全国にその名をとどろかせた父子が
本能寺の変で突然消える。

この時、堺見物をしていた徳川家康は、
まだ変事が伝わっていなかったため、
信長と茶会を開く予定の家康は、
穴山梅雪とともに京に向かうが、
その道中で、信長が討たれたことを家康は知る。

衝撃を受けるものの、明智光秀が
すぐに手近な織田方に
攻めかかることを危惧した家康は、
急いで三河に戻ることにする。

 


 

山道を逃げる家康

しかしながら、堺から船を出すと
紀州灘で海賊に囲まれる危険性があり、
北に向かって琵琶湖沿いから
東山道に出るコースは、
光秀の領地を通ることになり
逃げ道としては最悪だった。

家康が錯乱し始めると、
智将の光秀でも、思いもつかない
意表を突いた道から逃げるしかない・・
と、家臣・本多忠勝が進言する。

それを受け、絵図を見ていた家康は、
まっすぐに東に伊賀を抜けていく
ルートを思いつく。

家康の案に対して、伊賀は山が深く、
山道では身動きが取れなくなって
落人狩りに囲まれたら終わりだ・・と
石川数正も梅雪も難色を示すも、
忠勝は、そこが狙いどころである・・と
家康の案を支持する。

まさかそんな道を選ぶとは
光秀も思わないだろう・・と、踏んだのだ。

こうして家康一行は、伊賀を越え
三河を目指すことになったのだが、
伊賀越えの道中で、梅雪が家康に、
二手に分かれた方が
敵を惑わせることができるのではないか・・
と、提言する。

実は、梅雪は、山道に嫌気がさしており、
家康と袂を分かち、光秀に降るのも手だと
考えるようになっていたのだった。

けれども、家康と別れた梅雪は、
木津川近くで落武者狩りに遭い、
あっけなく命を落としたと言われている。

一方、家康一行は、
伊賀出身の武将・服部半蔵の案内により
伊賀の山中を経由し、落ち武者狩りに遭ったり、
断崖絶壁を昇降したりしながら、
一路、三河を目指すのであった。

 

 

京へ向かう信繁

本能寺の変に揺れる京からわずか東の
琵琶湖に面した信長の本拠地・安土城下に
信繁と松はいた。

変事のあった当日は、
都で大火事があった・・と
西の方から大勢の人が逃げて来ていた。

信繁が、通りすがりの者に尋ねてみたが、
詳細はわからなかった。

そんな中、戦が始まったという
ウワサを聞いた信繁は
不安を募らせ、松を小山田茂誠に託すと、
状況を確認するために、信繁は京へと向かう。

第5話「窮地」その2 へと続く。

 


 

コメントを残す