命がけのハッタリ

                                         

第4話「挑戦」その2 へと続く。

織田信忠は、そんな真田昌幸の
勢いに圧倒されるも、
同席した徳川家康は、上杉氏への書状は
自分を高く売るための偽りの文書で、
昌幸のハッタリではないか・・と、
勘ぐるのであった。

 


 

昌幸の度胸

家康は上杉氏と縁があり、
別の間で控えさせている
上杉景勝の家臣・直江兼続を呼んで
本当に真田氏に
誘いの文書を出したのか・・
尋ねてもかまわないか・・と
昌幸にカマをかける。

ウソとわかれば許されないので
偽りなら潔くここで認めるように・・
と、家康は、昌幸に詰め寄るが
このような場で
偽りなどあってはならない・・
と、昌幸は、毅然として家康に返す。

しばらく両者互いに
一歩も引かぬまま時が流れるが
昌幸に、勝負の軍配は上がる。

さすが勇名を馳せた「武藤喜兵衛」だと
家康は、昌幸の度胸の良さを称賛する。

 


 

竜のような眼をした織田信長

そうして、ついに昌幸は
織田信長との対面を果たした。

圧倒的なオーラで
信長は昌幸を見つめ、
よき面構えじゃ・・
との一言を残し、去っていく。

昌幸は、廊下に控えていた信繁と
勝ち戦をおさめた喜びを分かちあった。

この会見により、昌幸は、
滝川一益に従うことになる。

一益は旧武田領のうち、上野一国と
信濃の小県郡・佐久郡を治めるのだが
ただの目付役に過ぎず、
これまでと何ら変わらないはずだったが、
上野の沼田城と岩櫃城が
一益の支配下に置かれることになる。

真田家の要である沼田城と岩櫃城の
没収に、昌幸は抵抗するが、
信長の命令は絶対であった。

それに従う代わりに、昌幸は、
今後のことを話しあうため
小県郡の国衆を集める段取りを
一益より、一任されることとなる。

信繁は、信長を静かな人だと感じるも、
目の光が只者ではなく
あの目は竜だ・・と思った。

そんな信繁は矢沢三十郎とともに
法華寺の庭で、信長が鬼の形相で
明智光秀をせっかんする場面に出くわす。

信繁も三十郎も、あまりのむごさに
呆然としていた。

光秀を痛めつける信長の背後には
家臣たちが控え、家康もいた。

家康は、信長がよほど怖いのか
無表情でじっとしているだけだった。

 

 

再び真田の郷へ

真田の郷に戻った昌幸は、
真田家が生き延びたことを
信幸たちに報告する。

また、安土に人質を出すことになるが
信繁の提案で、松が送られることになる。

松に付き従う者の中に、
松の夫・小山田茂誠を入れ、
父の怒りが静まるのを待とう・・
という、信繁の画策であった。

また、天下一といわれる
安土城を見聞ししようという思いもあり、
信繁自身が松を送り届ける役目を担う。

後日、昌幸は信長に馬を献上し
5月末に、松の一行が
真田の郷から安土城に入る。

しかし、その夜・・
織田信長が本能寺にて
討ち取られてしまうのだった。

 


 

コメントを残す