織田信忠からの質疑

                                         

第4話「挑戦」その1 からの続きです。

そんな徳川家康に、真田昌幸は
織田信長への貢ぎものについて相談する。

信州は名馬の産地なので、
馬なら必ず信長の目を引くと思い、
家康は、馬がいいだろう・・と
昌幸に助言する。

その話を終えると、家康は昌幸に
三方ヶ原の戦いでは
武田勢に手痛い目に遭わされ
特に侍大将の「武藤喜兵衛」に
手を焼いたという話を投げかける。

昌幸は、自分は外様の出身なので
武田氏の内情には詳しくないと
素知らぬ顔で、しらを切る。

すると、廊下を
穏やかな風情の武将が通り過ぎていく。
明智光秀であった。

信長は蔵で城に残っている茶器類を
検分している・・と、光秀から聞かされ、
信長と対面するには、
まだしばらく時間がかかりそうだった。

 


 

男子禁制のかかと談義

一方、真田の郷では、信繁の計らいで、
松の夫・小山田茂誠が
堀田作兵衛の見張りの中、
空き寺に匿われていた。

こっそり出掛けて行く松を
信幸は不審に思い、松の後をつける。

そして、入口の作兵衛を突き飛ばして
信幸は、本堂の中に入るも、
松が一人で座っているだけだった。

茂誠を匿っているのではないか・・
と、信幸は松を追求するが、
松はしらを切り通す。

そんな窮地に陥った松を
きりが救う。

三日に一度、男子禁制で
ここに集まっては、
四方山話をしている・・
と、きりは、その場を取りなし、
本堂の隅にいた梅と三人で、
かかと談義を始めだす。

話が盛り上がる三人を見て、
信幸は退出するが、
茂誠の存在を確信していたため、
作兵衛に、父・昌幸が戻るまでに
茂誠の行き先を決めておくよう言いつける。

やがて、きりは自分の屋敷に戻るが
父・高梨内記より、昌幸たちが
命を賭して信長に
会いに行っている時期のため、
あまり、はしゃぎ回らないよう叱られる。

さらに、れっきとした武士の娘であり
地侍の作兵衛の家とは身分が違うため
つきあい方を改めるように・・
と、釘を刺される。

自室に戻ったきりは、寂しさを感じながら
かかとを撫でるのだった。

 


 

二通の書状について

その頃、昌幸は、
織田信長との対面の前に
信長の嫡男・織田信忠から
二通の書状について質疑を受けていた。

一方の書状で織田家に従う・・と言い、
もう一方で上杉に助けを求めていた・・
その真意を、昌幸は、信忠より問いただされる。

それに対して、昌幸は、
服属を迫ってきた上杉氏に対しては
ありがたいが・・すぐに決められないため
時間をいただきたい・・と書いたが・・
時間が欲しい・・と書いたのは方便だと
きっぱり言う。

そして、乱世を生き抜くためには、
このような知恵も不可欠であり、
四方を強国に囲まれた弱い国衆は
そこまで慎重にならねばならない・・
と、昌幸は主張する。

さらに、上杉氏に大事な書状が届かず
ここにあることは、
真田家にとって一大事なので、信長に
上杉氏から守ってもらわねば困る・・
と、昌幸は織田信忠に迫る。

第4話「挑戦」その3 へと続く。

 


 

コメントを残す