必殺 !! 仕掛け人

                                         

第3話「策略」その1 からの続きです。

真田屋敷の広間には、
室賀正武や出浦昌相などの
近隣の国衆が集まっていた。

織田信長に、国衆が
一体であることを示すべく、
真田昌幸は、国衆の惣代として
信長に会いに行きたいが、
室賀は、織田氏が
自分たちを受け入れる保証はないと反発。

出浦も、勝頼の近くにいながら
穴山梅雪や小山田信茂の裏切りに
気付かなかった昌幸の勘に不信感を表す。

結局、話がまとまらずに散開となるのだが、
昌幸が、それほど気落ちしていない様子を、
真田信幸は、不思議に思う。

 


 

上杉景勝宛ての書状

まもなく、信幸は、
上杉景勝宛ての書状を
父・昌幸から託される。

上杉氏から味方につくよう
説得された密書を受け取っている昌幸が、
それに応じる旨が、それには記されていた。

織田氏に属すると宣言したばかりの父が、
上杉氏にも繋がろうとしていることに
信幸はショックを受けるが、
世の中、何があるかわからないので
打てる手は打っておく・・と、昌幸は言う。

こうして信幸は、佐助を伴にして出立する。

ところが、昌幸が
上杉氏と通じようとしていることは
室賀にも出浦にも筒抜けであり、
織田氏をすすめておきながら
自分だけは上杉氏につこうという
魂胆の昌幸を、食えぬ男・・と
室賀と出浦は罵り合う。

そうして、室賀と出浦は
街道で信幸と佐助を襲撃、
佐助は血まみれになって倒れ
書状も室賀たちの手に渡ってしまう。

真田家が上杉氏と繋がっている
証拠となる密書を手土産に、
室賀は、信長に会いに行こうとする。

一方、真田家の命運のかかった書状を
奪われるばかりか、
佐助まで死なせてしまった信幸は、
真田屋敷に戻るなり、昌幸に詫び
切腹しようとする。

 


 

敵を欺く前に味方から

そこへ、出浦がやって来て信幸は仰天する。

襲撃された際、敵の中に
信幸は、出浦の顔を見ていたのだった。

実は、出浦は昌幸に依頼された
仕掛け人であった。

混乱している信幸に
書状を室賀が奪うように
仕向けたことを、昌幸は告白する。

昌幸は、室賀が書状を、必ず
信長に届けることを読んでいた。

まともにぶつかっては
信長と話せるはずもないと
昌幸は睨んでいた。

そのため、昌幸のことを、
方々から声をかけられている
旨味のある人物と
信長に思わせることによって、
信長が味わってみたくなるように
仕向けたのだった。

本当は、上杉氏から届いた
密書などなかったのだが、
敵を欺く前にまず味方を欺かねば・・と考え、
芝居の出来ない信幸には
真相を知らせてなかったのだった。

佐助も、一芝居打った仕掛け人だったので
むろん、傷一つ負っていなかった。

第3話「策略」その3 へと続く。

 


 

コメントを残す