織田信長へ仕える道

                                         

天正10年(1582)3月。
真田昌幸は、信州の
真田の郷に戻って来た。

主君の武田氏が滅亡し
その旧臣たちも織田勢に
次々と討ち取られていく中、
一族の命運を握った策として
あえて織田氏に仕える道を
昌幸は、決断する。

 


 

窮地になると発奮する真田家の気風

昌幸は、軍議を開くと
織田氏に属する決断を
弟・信伊と叔父・矢沢頼綱に報告する。

信伊は、長きに渡り
上杉氏や北条氏とも交渉して来ており、
北条氏との密約も固まろうとしていたため
何も織田氏に属さなくてもいいのでは・・
と疑問を呈す。

昌幸は、信伊を労いながらも
織田信長に賭ける策に理解を求める。

頼綱は、そんな昌幸を
昌幸の父・幸隆に重ね合わせていた。

幸隆もまた、家督を継いで間もない
武田信玄に賭け、真田家の礎を
築いたのであった。

武田氏に仕えながらも、
上杉氏に取り入り、北条氏に通じるなど
信伊にしかできない仕事であり、
両氏の動きを抑えて来たのは
自分であるという自負も
信伊にはあった。

父の陰にいながら、
その手足となってサポートする信伊を
信繁は尊敬しており、
自分も、兄・信幸に対して、
そんな弟でありたいと思っていた。

軍議の後、信幸は病床の妻・こうを見舞い、
昌幸は、側近・高梨内記と国衆について
密談します。

真田家の本領は
信濃の東の一角・小県郡にあり、
真田・室賀・禰津などに地域に分かれ、
それぞれ領主である国衆によって
治められていた。

昌幸も、その国衆の一人であったが、
この地の国衆をまとめあげて
織田方に乗り込めば、信長の出方も
違ってくる・・と、昌幸は読んでいた。

真田家の存亡の危機であるのにもかかわらず
楽しそうにしている昌幸の様子を理解できない
昌幸の妻・薫に、昌幸の母・とりは
窮地に立つほどヤル気を起こすのが
真田家の気風と諭す。

しかし、とりは松のことが気掛かりだった。

松の夫・小山田茂誠は
行方不明のままで、
生きていたとしても
裏切り者の小山田一族のため、
真田家へ顔を出せるハズもなかったからである。

 


 

高遠城

その頃、高遠城では、
織田信長の嫡男・信忠より、
信長を迎える準備を
徳川家康が命じられていた。

高遠城の庭では、家臣・本多平八郎忠勝が
討ち死にした者を弔っていた。

城外で城主・仁科盛信が
自害した場所を見つけていた忠勝は、
見事な最期を遂げた仁科の一生に
思いを馳せるのも武士のたしなみと
家康を、半ば強引に戦場跡地へと誘う。

戦場跡地に着いた家康は、
信長による首実検の後、
武田勝頼の首を供養しようと思いつく。

それを聞いた側近・本多正信は、
生き残った武田氏の家来衆の心を
つかむことは
この先、徳川家にとって肝心だと
考えていたため、
供養が済み次第、
甲斐・信濃の隅々まで
その妙案を広める
手はずを進めようとする。

すると、その時、瓦礫の裏から
落ち延びていた松の夫・小山田茂誠が現れた。

忠勝は、とっさに茂誠を斬ろうとするが
すでに戦は終わった・・と家康が制する。

茂誠は、転がるように逃げて行く。
その翌日、織田信長の軍勢が信濃に入った。

第3話「策略」その2 へと続く。

 


 

コメントを残す